姫路市宿泊型児童館「星の子館」。泊まって、遊んで天文台で星を見よう!

TEL:079-267-3050 営業時間:9時~17時
姫路市宿泊型児童館 星の子館

活動報告2017

キラキラクラブ 会員専用ページ

 

こちらのページでは、〇月の例会はどんなことをお話したのか?〇日の観望会はどんな天体を見たのか?を紹介するページです。

各月日ごとに、当日配布したプリントをPDF形式で置いていますので、会員の方は、自由にダウンロードすることができます。

 

 

2017年5月の活動

★5月14日(日)15時30分~17時 第1回例会 オリエンテーション

2017年度キラキラクラブの活動が始まりました!第一回目の例会ということで、キラキラクラブはどのようなクラブ活動なのかを紹介した後に、星の子館のスタッフと会員の方の自己紹介を行いました。

自己紹介の後は、「星座トランプゲーム」で遊びました。会員同士で質問し合い、自分の星座を当てるゲームです。例会が終わるころには、新しい友達ができた会員もいるようです。

 

★5月21日(日)19時~20時 第1回観望会→木星を観望しました。

第一回目の観望会が始まる前は曇り空。望遠鏡で見えるかどうか不安でしたが、雲の中から木星の縞模様やガリレオ衛星も見ることができて、一安心です。

キラキラ宇宙NEWS No.1は木星や春の大三角、先日撮影された月面Xについて紹介しています。

 

★5月31日(水)20時~21時 第2回観望会→雨で中止。

月と木星を見る予定だったのですが、天気が悪く中止になってしまいました。次回の観望会は、晴れるとよいですね!

 

2017年6月の活動

★6月4日(日)19時~20時 第3回観望会→月と木星を観望しました。

第3回目の観望会は、月と木星を観望したほか、先日撮影した月面Xの動画や月のクレーターも紹介しました。

キラキラ宇宙NEWS No.2は、北斗七星や月の見かけの大きさについて、紹介しています。

 

★6月11日(日)15時30分~17時 第2回例会→宇宙飛行士体験Part1

第2回目の例会は、惑星についてのお話を聞いた後に、ホワイトパズルに挑戦しました。

惑星の話では、どの惑星がどんなところで1等賞をもらえるのかな?、という問題に挑戦しました。残念ながら、満点をとれた会員はいませんでした。この1年でもっともっと星や惑星のことを好きになってもらえたらと思います。

今日の宇宙飛行士体験は、ホワイトパズルに挑戦しました。二人一組のグループで挑戦していましたが、みなさん苦戦していました。しかし、最終的にはすべてのグループがホワイトパズルを完成させることができました。

例会の中でお話がありましたが、今回挑戦したホワイトパズルは40ピースで、宇宙飛行士選抜試験では144ピースのホワイトパズルが使われました。

 

★6月21日(水)20時~21時 第4回観望会→曇りで中止

第4回目の観望会は、天気が下り坂なため中止。観望会は2回晴れて、2回中止という結果になりました。次回の観望会は期待しましょう!

 

2017年7月の活動

★7月17日(月祝)15時30分~17時 第3回例会→夏の自由研究のススメと宇宙飛行士の体験Part2

第3回目の例会は、夏の天体、自由研究の話を聞いた後に、コミュニケーションゲームに挑戦しました。

夏の天体では、今後、観望する予定であるM13とM57について紹介しました。惑星状星雲のカラフルな写真を見て、「きれい」と思った会員が多いように感じました。

自由研究の話では、研究するときのポイントや研究例を紹介しました。星に限らず、おもしろそうと思うものがあれば研究してみてはどうでしょうか?

コミュニケーションゲームは、一人が言葉で図を伝えて、もう一人が図を書くというゲームでした。多くのグループは、本物と似たような図は書けていましたが、同じ図を書けたグループはほとんどいませんでした。「伝える」ことが難しいと思った会員も多いようでした。

なお、9月の例会からは、いよいよ「ペットボトルロケット工作」の話に入ります。夏休みの間に以下の材料を集めておきましょう!

・炭酸飲料のペットボトル(500ml)を最低3本、可能であれば6本→ロケットの胴体部分に使います。
・牛乳パック1個→ロケットの羽として使います。

9月からの例会をお楽しみに!

 

★7月19日(水)20時~21時 第5回観望会→木星を観望しました。

本来は土星を観望する予定だったのですが、雲が多く、星が見えない状態が続いてしまいました。終盤に天気が少し回復し、急遽木星を観望することになりました。一般の観望会では土星を見る予定なので、晴れた日に時間に余裕があれば、いつでもお越しください。

 

2017年8月の活動

8月のキラキラクラブはお休みです。

 

2017年9月の活動

★9月10日(日)19時~20時 第6回観望会→ベガとアルビレオを観望しました。

第6回目の観望会も雲が広がっていましたが、雲越しに「ベガ」と「アルビレオ」を見ることができました。ベガは七夕の「おりひめ星」です。七夕はもうすぎてしまいましたが、七夕の星はまだまだ夜空で光っています。

 

★9月18日(月祝)15時30分~17時 第4回例会→宇宙飛行士の体験Part3とペットボトルロケット工作のお話

第4回目の例会は、秋に観望する天体の話、宇宙開発の歴史の話を聞いた後に、宇宙飛行士体験part3「鏡だけを見て図形の線と線の間をなぞる」に挑戦しました。

天体の話ではアルビレオとアンドロメダ銀河M31が登場し、会員の皆さんはM31に対して特に興味を持った印象を受けました。

宇宙開発の歴史の話では3択クイズを交えたり、スタッフが質問したりすると、みんな積極的に答えてくれてとても盛り上がりました。

今回の宇宙飛行士体験は「鏡だけを見て図形の線と線の間をきれいになぞる」ことに挑戦してもらいました。鏡に映った像は左右が逆になってますから、みんな苦労していたようです。意外と難しい課題だったようです。

例会の最後には「ペットボトルロケット」の制作を宿題として会員のみんなに出しました。みんなが作ったペットボトルロケットは10月に打ち上げを予定しています。みんなはどんなロケットを作ってきてくれるのでしょう!?
10月の試射会・例会が待ちきれないですね!!500mℓのロケットだけでなく、ぜひ、1.5ℓのロケットも作ってみよう!

 

★9月27日(水)20時~21時 第7回観望会→天気が悪くて中止

第7回の観望会は、天気が悪く中止になりました。M15は11月の観望会でも観望する予定なので、11月に期待しましょう!また10月12日~27日には、一般の観望会でも観望できます。

 

 

2017年10月の活動

★10月7日(土)15時30分~16時30分 ペットボトルロケット試射会→天気が悪くて中止

試射会は、天気が悪く中止になりました。10月9日(月祝)の例会(打上げ本番)に期待しましょう!

 

★10月9日(月祝)15時30分~17時00分 第5回例会→ペットボトルロケット打ち上げ

この日はよく晴れて、予定通りペットボトルロケットを打ち上げることができました!500mLのペットボトルロケットから2Lのペットボトルロケットまでさまざまで、何個も作ってきた会員もいました。
何度も何度も水の量、発射角度を調整したりと、楽しそうな様子でした。

 

★10月15日(日)19時~20時 第8回観望会→雨天のため室内にてクイズ大会

雨天のため残念ながら、観望会はできませんでした。その代わり、「てんもんルーム」にて3択の天文クイズ大会を開催!宇宙開発や秋の星空などに関するクイズを出題しました。今回のクイズ、会員のみんなにはちょっと簡単すぎたようです。さらに、配布資料の「キラキラ宇宙ニュース No.5」の解説も行いました。

 

★10月25日(水)20時00分~21時00分 第9回観望会→天王星・海王星、M31(アンドロメダ銀河)を観望しました。

この日はよく晴れたため、予定どおり天王星・海王星の観望を行いました。肉眼では見えない遠い惑星を見ることが出来ました。天王星・海王星以外の惑星は肉眼で見えるので、太陽系惑星を全部見てみよう!
さらに、前回観望予定だったM31の観望も行いました。90cm望遠鏡で見ると、白くモヤーっとしたM31の姿を見ることが出来ました。

 

2017年11月の活動

★11月12日(日)15時30分~18時00分 第6回例会、第10回観望会→星の子宇宙飛行士選抜試験、アルビレオ・ガーネットスターの観望

「まわりの人と協力することも、宇宙飛行士にとって大切なこと」です。今回の例会では、会員を5チームに分けて大脱出ゲームを行いました。星の子館の中にあるいくつかの謎を解き、ゴールを目指します。謎を解くには、チームメート同士で知恵を出し合い、協力しなければなりません。今回のゲームで「まわりの人と協力すること」の大切さを、みんな実感できたことでしょう。
また、前回の観望会で観望した天王星・海王星のお話しと、完成すれば東アジア最大となる京都大学3.8m望遠鏡の愛称募集の紹介も行いました。

17時からの観望会では、はくちょう座のアルビレオ(二重星)とケフェウス座のガーネットスターの観望を行いました。ガーネットスターは初めて見た人も多かったのではないでしょうか?

 

★11月22日(水)20時~21時 第11回観望会→天気が悪くて中止

第11回の観望会は、天気が悪く中止になりました。次回の観望会に期待しましょう。
次回の観望会では、双眼鏡を使います。

 

2017年12月の活動

★12月10日(日)15時30分~18時00分 第7回例会、第12回観望会→双眼鏡を使ってみよう!!

今回の例会では、双眼鏡のお話をしました。双眼鏡には望遠鏡とは違った良さがあります。今回の話を聞いて会員のみなさんも望遠鏡だけでなく、双眼鏡にも興味を持ってくれたと思います。
また、3択問題を出題し、成績優秀者から好きな景品を受け取れる「天文クイズ大会」や、17日に打上げが予定されている「金井宇宙飛行士」の話題、来年3月実施予定の「お別れ遠足」についてもお話ししました。

例会後の観望会は悪天候のため、「双眼鏡室内実習」を行いました。会員自ら双眼鏡を操作して目標物である「間違い探しの絵」を視野に導入し「間違い探しゲーム」に挑戦!双眼鏡を覗きながら間違い探しをやるのは、みんな初めての体験ではないでしょうか?

 

2018年1月の活動

★1月14日(日)15時30分~17時00分 第8回例会、第13回観望会→小型望遠鏡を使ってみよう!!

今回の例会では、小型望遠鏡のお話をしました。ワークシートを使って小型望遠鏡の各パーツについて学んだ後、小型望遠鏡の室内実習を行いました。

室内実習では会員の皆さんに小型望遠鏡を動かしてもらいました。まず、赤道儀式望遠鏡の動かし方を覚えるための「望遠鏡体操」を行いました。動かし方を覚えたら、小型望遠鏡を目標物へ向けて見ます。接眼部にライトを入れると鏡筒から光が出ます。小型望遠鏡を動かして光を目標物に当てれば、望遠鏡は目標物の方に向いていることになります。ここまでは皆さん簡単にできましたが最後の課題、「望遠鏡の視野に目標物を導入する」のは少し時間がかかっていました。望遠鏡は倍率があるため視野の中に目標物を入れるためには、より精密に望遠鏡を動かす必要があります。最終的には全員視野の中に目標物を導入できたのでよかったです。今後の観望会では、本物の天体を導入してみましょう!

他にも1月31日(水)の皆既月食の話や3月のお別れ遠足・発表会の話も行いました。
★1月24日(水)20時~21時 第14回観望会→月を観望しました!

第14回観望会は久々の晴天に恵まれ、秋と冬の星座を観望できました。さらに、双眼鏡と小型望遠鏡の屋外実習を行いました。

12月10日(日)と1月14日(日)の例会では、室内で双眼鏡と小型望遠鏡を使って目標物(天体の絵)を導入する練習を行いました。その後の観望会では、屋外で本物の天体の導入にチャレンジする予定でしたが、あいにくの悪天候で中止・・・。今回の観望会は晴天に恵まれ、ようやく本物の天体を会員のみなさんが自分で導入するチャンスがやってきました!

本物の天体を導入するのは今回が初めてなので、ターゲットは「月」。大きいので導入しやすい天体です。双眼鏡は倍率が低いため、みなさん簡単に導入していました。難しいのは、やはり小型望遠鏡。双眼鏡に比べて倍率が高いため、導入するのが難しいんです。しかも、屋外は暗いため、室内で扱うよりも難易度が上がります。それでも、さすがはキラキラクラブのみなさん!全員が双眼鏡と小型望遠鏡の両方で月を導入することに成功しました!!

大型望遠鏡(あさひララ)を使った観望会とは違い、小型望遠鏡の場合は会員のみなさん自ら天体を導入して観望します。導入するのは難しいですが、自分で導入して天体を観望できたときの達成感や感動は会員のみなさんにとってすばらしい体験になったと思います。

次回の観望会では、月以外の天体も導入してみましょう!

 

2018年2月の活動

★2月12日(月祝)15時30分~17時00分 第9回例会→小型望遠鏡を使ってみよう②!!

今回の例会も小型望遠鏡のお話をしました。前回のお話の応用として、導入した天体が低倍率・高倍率で見え方がどのように変わるのかお話しました。高倍率では惑星などの天体が大きく見えますが、像の明るさが暗くなります。
低倍率では小さく見える代わりに像が明るく見えます。以上のことから、「倍率は高ければいい」というわけではないことが分かります。このことを小型望遠鏡室内実習をとおして会員の皆さんには体験してもらいました。この体験は実際の観望会でも活かしてもらえればと思います。
また、室内実習で望遠鏡を操作していない時間帯は、メシエカードゲームをみなさんに楽しんでもらいました。

他にも、「すばる望遠鏡での観測報告」や、お別れ遠足・発表会(発表スピーチ練習含む)のお話も行いました。

 

★2月18日(日)19時~20時 第15回観望会→月・恒星・M42・M45等を観望しました!

第15回観望会は冬の星座を観望できました。さらに、双眼鏡と小型望遠鏡の屋外実習を行いました。

冬の星座紹介では、冬の大三角・冬のダイヤモンドを紹介、全部で7個の1等星を見つけることができました。実は、冬の星座にはもう一つ1等星があります。それが、今回配布したキラキラ宇宙ニュースNo.9で紹介している“カノープス”です。カノープスについても実際の星空で見つけ方を説明しました。非常に見るのが難しい星ですが、カノープスを見ることができれば冬の1等星8個をコンプリートできます。ぜひ、宇宙ニュースNo.9を参考にチャレンジしてみましょう!

月・恒星・M42・M45等を、双眼鏡や小型望遠鏡を会員自ら操作して観望しました。前回導入できたのは、月のみだったので、バリエーションが増えてとてもよかったのではないでしょうか。

次回の観望会では、月が少し膨らんでいます。さらに、少し突っ込んだ星空紹介もする予定なので、お楽しみに!!

 

★2月21日(水)20時~21時 第16回観望会→冬の天体を観望しました!

第16回観望会は前回と同様、晴天に恵まれ、冬の天体を観望できました。双眼鏡は三脚付きだけでなく、手持ち用のも用意しました。手持ち用の場合、どうしても手振れが気になりますが、それでもみなさん手持ちの双眼鏡でも観望を楽しめたようです。

 

2018年3月の活動

★3月11日(日)14時30分~17時 第10回例会→発表会と修了式を行いました!

第10回例会は、いよいよ発表会!!会員皆さんの1年間の集大成です。「宇宙飛行士になって行ってみたい天体」というタイトルでみんな様々な天体を発表してくれました。みんな緊張していたようですが、大勢の前で発表した経験は今後、学生や社会人になってから必ず役に立ちます。宇宙への興味を持ち続け、立派な宇宙飛行士を目指してください!!
その後の修了式では、館長から修了賞が一人一人に授与されました。さらに、皆勤賞の授与も行いました。今年度は2人も皆勤賞の会員さんがいて、担当の私としてもうれしいかぎりです。「よく、ここまで1度も休むことなく出席してくれたなぁ」と感動しました。

 

★3月11日(日)19時~20時 第17回観望会→お別れ観望会を行いました!

今年度のキラキラ観望会も、いよいよ最後になりました。幸い、この日は快晴!!みんな小型望遠鏡と双眼鏡を様々な天体に向けて観望していました。みんな望遠鏡や双眼鏡の扱いに慣れてきたようですね。
最後の観望会、私個人的には会員の子が双眼鏡で導入してくれた“すばる”がとてもキレイで印象に残りました。
みなさんは、どんな天体が印象に残りましたか?
今年度のキラキラクラブの活動も残すところ遠足だけです。思いっきり楽しみましょう!

 

★3月17日(土)10時30分~15時→お別れ遠足を行いました!

今年度のキラキラクラブの活動も、いよいよ最後なりました。お別れ遠足の舞台は日本の“へそ”に位置する西脇市のにしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」です。ここには“大正のへそ”と“平成のへそ”と呼ばれる2つの日本の中心点があります。この日は晴天に恵まれ、2つのへそを回ることもできました。
テラ・ドームでのイベントも盛りだくさん!まずは、「テラ・ドーム」マニアッククイズに挑戦!展示を見てワークシートの穴埋めに挑戦してもらいました。次に、テラ・ドーム15検定(日本2位編)に挑戦!!日本で2位のもの(山・川・湖)などを答えてもらうクイズ大会を行いました。日本1位は有名で知っていても、2位のものはなかなか知りませんから、かなり難しかったようです。6問出題され、全問正解した人はいませんでしたが、5問正解した人は何人かいました。
その後、お昼の観望会とプラネタリウム鑑賞もしました。お昼の観望会では、星の子館では見ることができない太陽を見せてもらいました。黒点はありませんでしたが、わずかにプロミネンスが見えました。他にもはくちょう座のデネブや金星、ひまわり8号が撮影した地球などを見せてもらいました。
遠足が終わって帰り際、何人かの会員や保護者の方から「来年度もキラキラクラブに参加したい!」「また応募します!」と言っていただき、非常にうれしかったです。2018年度のキラキラクラブもみんなで力を合わせて、がんばっていきたいと思います!!
1年間ありがとうございました!!

 

ご不明な点等あれば、お手数ですが、星の子館までお問い合わせください。

星の子館TEL:079-267-3050

© Hoshinoko Yakata all rights reserved.